便秘予防の為に毎日ヨーグルトを食べている人は意外と多いのではないでしょうか。ヨーグルトには乳酸菌がたくさん含まれていて、乱れた腸内環境を整えるのに効果的です。
腸内細菌群のバランスの乱れが便秘の原因になっているケースも多いです。この場合、善玉菌の餌となる乳酸菌を豊富に取り入れて腸内の善玉菌の数を増やすと良いと言われています。
乳酸菌は善玉菌の餌になって善玉菌の活動を活性化し、悪玉菌を退ける手助けをしてくれます。善玉菌が増えれば日和見菌と呼ばれるどっちつかずの菌も善玉菌に傾いてくるので、意識的に少し多めの乳酸菌を摂取するだけで便秘予防に効果を発揮してくれることも多いです。
しかし、もしも毎日ヨーグルトを食べていても便秘になってしまう場合は他の理由によって便秘になっている可能性があるので、食生活をもう一度見直すことや運動を取り入れるなどの方法で予防するようにしてみましょう。