便秘予防の為に毎日ヨーグルトを食べている人は意外と多いのではないでしょうか。ヨーグルトには乳酸菌がたくさん含まれていて、乱れた腸内環境を整えるのに効果的です。
腸内細菌群のバランスの乱れが便秘の原因になっているケースも多いです。この場合、善玉菌の餌となる乳酸菌を豊富に取り入れて腸内の善玉菌の数を増やすと良いと言われています。
乳酸菌は善玉菌の餌になって善玉菌の活動を活性化し、悪玉菌を退ける手助けをしてくれます。善玉菌が増えれば日和見菌と呼ばれるどっちつかずの菌も善玉菌に傾いてくるので、意識的に少し多めの乳酸菌を摂取するだけで便秘予防に効果を発揮してくれることも多いです。
しかし、もしも毎日ヨーグルトを食べていても便秘になってしまう場合は他の理由によって便秘になっている可能性があるので、食生活をもう一度見直すことや運動を取り入れるなどの方法で予防するようにしてみましょう。

私はあまり便秘にならない方なのですが、たまーに便秘に陥ります。
そんなときにはヨーグルトを朝イチでかき込みます。
数時間後にはゴロゴロとお腹の下る音が……。
乳酸菌ってすごいなーと。
彼氏はいつヨーグルトを食べても便意に襲われるそうで、ちょっとかわいそうだなぁと思います。
私はこんなに軽い症状なんですが、親戚のお姉ちゃんがもの凄い便秘体質。
運動しても野菜を食べても全然出ない。
飲み物に1滴垂らすだけで激しい便意に襲われる劇薬を、10滴以上垂らして飲んでいますが、全く効果がない。
最終的に浣腸を使用する羽目になるそうです……。
そこまで酷い方はなかなか居ないと思いますが、ヨーグルトじゃ全然ダメだって人に教えたい便秘解消法。
まず右手の平で右あばらの下を少し圧迫。
そのまま、左側の腰(股関節の上ぐらい)まで押し出し、左手に置き換えて右の股関節までぐいっと。
これで、大概の便秘解消になると思います!

高齢者の方で、便秘に悩んでいる方は多いでしょう。なんと、便秘に悩むとされている高齢者の方は5割に上るのです。そこで、そのような方にお勧めの便秘解消法について紹介していきます。
便秘対策の一つに運動がありますが、高齢者の方にこれをお勧めするのは、少し厳しいかもしれません。そこで、ストレッチをしてみましょう。特に座ったままで行うストレッチなどをすることが効果的です。
また、食物繊維を多く含む食材などを中心に食生活を送ってみましょう。おそらく、これが一番気軽にできる方法だと思われます。
便秘に悩んでいる高齢者の方は、このような対策を始めてみてはいかがでしょうか。ストレッチや食物繊維など、簡単にできるものばかりなので、お勧めなのです。

★便秘 オリゴ糖に関する情報はこちら
便秘対策にはオリゴ糖

私は、ダイエット中に何度か酷い便秘になったことがあり、大変でした。
食べる量を減らすことで、便秘になったのです。
トイレにいっても、出したい気持ちはあっても出てこなくて、お腹が痛くなったりと大変な思いを経験しました。
その経験から、ダイエット中は特に便秘にならない工夫をしています。
食べる量は減るので、どうしてもダイエット中は便秘がちになります。
そこで、私が工夫したのは、野菜の大量摂取です。
季節に関わらず、野菜鍋をしたのです。
水分が多く含まれている野菜を大量に鍋にいれて、食べました。
炭水化物はとらないようにして、水炊きにした鍋の野菜を沢山食べることで、ダイエットにもなり、便秘も解消されたのです。
飽きないように、鍋の味を色々工夫することで、楽々とダイエットができ便秘にもならずにすんだので、おすすめです。

便秘対策に青汁を取っています。普通の野菜も気を付けてとるようにはしているのですが、なかなかたくさん取るのは難しいので。
昔のまずいイメージが強い青汁ですが、最近は原料になる種類も豊富で、味も様々です。ケールにゴーヤ、明日葉に大麦若葉など。青臭いのもあれば、抹茶風味で飲みやすいなど、飲み比べてみるのも楽しいです。
肝心の便秘についてですが、効果は出ているようです。食物繊維が豊富とうたわれた特保マークの付いた青汁は飲み始めてからお通じが多くなりました。苦しまずに出すことができます。
飲み方はお茶代わりにごくごく飲むだけです。お茶風味をうたったものならなお飲みやすく、牛乳で割ると抹茶シェイクのように美味しくて子供でも飲めます。